コンセント

住宅への不満の常に上位を占めていたのが収納です。しかし、最近では家造りを行う大部分の人が収納に力を入れるため、収納への不満が軽減されています。そこで最近よく耳にするのがコンセントへの不満です。

家造りにおいて後半でプランニングする配線計画ですが、多くの人が軽視してしまいがちです。コンセントの数が足りない!位置が不便だ!という不満は些細なことのようにも感じますが、生活に与える影響は意外と大きいだけに、暮らしをイメージしながらどこでどのような電化製品を利用するかを考え、余裕を持って設けておくといいでしょう。扉を開けたらコンセントが隠れてしまうようでは使い勝手の良さが低減してしまいますし、レイアウトを変更した場合でも電化製品が利用しやすいようにしておくといいと思います。

私が業者の人にアドバイスされて設けたのが、掃除機を収納する収納庫内です。その時はコード式の掃除機を利用していたためあまりピンときませんでしたが、充電式の掃除機を購入してこのコンセントを設けておいて良かったと実感しています。それは、掃除機を収納している状態で充電が行えるからです。充電をする度に目に触れると生活感を与える掃除機が見えると見た目にいいものではありません。足元部分の低い位置ばかりにコンセントを設けておくと、家具や収納アイテムを設置するとコンセントを隠してしまいます。あらゆるケースを想定して不便さを感じることのないようにコンセントの位置や数を考えましょう。

Comments are closed.

This entry was posted on 木曜日, 4月 12th, 2018 at 2:34 PM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.