暮らしにあったあかり

長時間家族で過ごすリビング。このリビングに設ける照明は特にこだわりたいものです。照明器具のデザインによって室内に与える影響も変わってきます。室内の雰囲気が住宅の外観との調和を合わせることで住まい全体のまとまりが生まれます。

リビングでは家族がそれぞれにいろいろなことをして過ごします。照明器具を選ぶ際には、デザイン性だけでなく暮らしに合ったあかりが広がるように照明器具の機能性にも目を向けるようにしましょう。最近ではリモコン一つであかるさの色味やあかるさの度合いを変えることができるものも多いです。気分や目的にあわせてあかりを模様替えできればより居心地のいいリビングになると思いませんか。

例えば、一日の始まりはすがすがしくスタートさせたいものです。そこで人が心地よさを感じる快晴の青空をイメージしたあかるさで空間を包み込みたいものです。すがすがしく爽やかな気分になる、白~青っぽい光色のあかりが適しています。朝の目覚めの時やリフレッシュしたいときにはこのようなあかりがいいのです。

逆に家族みんなが集う夜の時間帯は、より落ち着いた雰囲気の空間が求められます。このときには、赤みがかった光色で夕暮れ空をイメージしたあかるさで空間を照らします。くつろぎの空間が広がることで家族や友人とリラックスしやすくなるのです。リビングでは子ども達が勉強をすることもあるでしょう。その際には白から青っぽい光色で、尚且つ明るさの度合いをアップさせます。そうすることで文字が見やすく、勉強のしやすいも高まるのです。その時々で最適の明るさが広がるように調光できる照明というのもいいと思います。

Comments are closed.

This entry was posted on 金曜日, 12月 15th, 2017 at 1:59 PM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.