信頼できるパートナー

家造りをするにはまず最初に依頼する業者を選ばなければいけません。大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると数多くの業者が存在します。その中から一社を選び出すというのは簡単なことではありません。しかしこのパートナー選びこそ家造りで一番大事なことと言っても過言ではないのです。我が家もこの業者選びに時間を費やしました。

我が家は地元に密着した工務店に依頼しました。工務店と聞くと会社規模が小さく、不安視する人も多いですが、大手ハウスメーカーと違って我々建築主の希望や都合を一番に考えてくれます。住宅に無知な我々にも分かりやすく構造や住宅ローンのことに関してもアドバイスをしてくれました。自社の利益を追求する傾向にある大手ハウスメーカーと違い、我々の相談を親身になって聞いてくれ、的確なアドバイスをしてくれるのです。
施工はもちろんのこと、その後のアフターメンテナンスにおいてもしっかりと対応してくれるので安心して住宅のことを任せられるのです。

家造りをした人のほとんどが予算をオーバーしてしまったと口にしています。一生に一度の大きな買い物となる住宅だけに、つい良いものを選択しがちになってしまうのは事実です。しかし予算には限りがあります。我々が依頼した業者は、予算がかさむ提案をしてきた時には同時に節約できるポイントもアドバイスしてくれました。このアドバイスのおかげで限られた予算の中で最高の住宅を手に入れることができました。そして家が完成するまでのお付き合いではなく、その後のお付き合いも大事にしたいですという言葉をかけてくれました。信頼できるパートナーを選ぶことこそ家造りでは欠かせないものなのです。

Comments are closed.

This entry was posted on 金曜日, 3月 18th, 2016 at 10:36 AM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.