排水トラブル

排水トラブルといえば、圧倒的に多いのはトイレのトラブルでしょうか。

大分で新築を購入した友人の家で、早くも洋式トイレが詰まったそうです。

原因は奥さんにありました。なんと、流せるネコ砂を大量に流してしまい、詰まってしまったというのです。

トイレ詰まりといえば、登場するのはお決まりのラバーカップですが、押せど引けども出てこない。

トイレの水も一向に引かないので、業者を呼んで対応してもらったところ、便器をはずしての大作業。

排水管を覗いてみると、なんと水を含んだネコ砂がゼリーみたいになって排水管をぎっちり詰まらせていたそうで、専用の工具を排水管に突っ込み、詰まったものを除去していました。修理代は3万円ほど。

これを高いと見るか安いと見るかは人それぞれですが、どっちにしろ3万円の緊急出費は非常に痛いですよね。

ネコ砂やお掃除シートなど、最近はトイレに「流せる」アイテムが増えてきましたが、これらは決して「詰まらない」わけではありませんし、お掃除シートなどはトイレットペーパーに比べると、非常に水に溶けにくいようなので、数枚まとめて捨てただけでも危険です。

特に最近の節水トイレは水の量が少ないですから、こうした水に解けにくいものを流してしまうと、排水管トラブルを引き起こしやすいのです。

今回は戸建てなので、詰まらせたところで自分の家だけのトラブルですみますが、これがアパートやマンションだと、他の階の住人にまで迷惑を掛けることになりかねません。

あなたが不用意に流したもののために、関係のない他人の部屋のトイレがあふれてしまう事態も考えられます。

ネコや犬などもペットの砂は、なるべくゴミと一緒に出したほうがいいと思います。

排水関係は、生活に直結しているだけあって、トラブルになると困ることばかりですし、修理だって高額になる場合があります。

流せるからと安易にトイレに流さないようにしたほうがよさそうです。

Comments are closed.

This entry was posted on 木曜日, 3月 7th, 2013 at 3:35 PM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.